FC2ブログ

昔からのGジャン

この間、衣装部屋&非常用品買い置き部屋になっている部屋の片付けをしました。
洋服はそんなに持っているわけではないけど、知らないうちに溜まっていきます。ハンガーの数も限られているしスペースも限られているので、着なくなった服は地域の古布回収にあわせて出すことにしました。まだ着られる服はリサイクルされて、海外に送られるようです。

傷んではいないけど、年齢と共に似合わなくなる服はどうしても出てきます。
顔の肌色に合わなくなっていたり、雰囲気に合わなくなってしまったり。着なくなった服は、2年を目安に手放すようにしています。今回も 40L 袋に 2 袋ほど出ました。

こうやって着なくなった服を出すと、オーソドックスな形のものは、やっぱり優れているなあ〜と実感することも多いですね。
いまだ手放さず、年に数回にはなってるけど着ている服があります。この EDWIN のGジャンです。なんとこれ、12 歳のときに買って貰ったものです(笑)
かなりゆったりしたGジャンなので、大人(オバサン)になった今でも余裕で着られますww

IMG_3392.jpg

このGジャンに袖を通すときは、若かりし頃の思い出もいろいろとよみがえってきます。
友達と出かけるときや、デートの時にだって着ていたものね(笑)

ここまでくると、このGジャンに限ってはお婆ちゃんになっても手放すもんか!って思っております。
襟ぐりは黄ばんでいるし、袖口はほころびがありますが、それでもまだまだ現役でやっていけそうなGジャンです。コレを着て、颯爽と歩いているお婆ちゃんにならなくちゃね。
鮮やかな色のロングワンピースにあわせて着ても、可愛いと思いません?
そんなお婆ちゃんになりたいわ^^



スポンサーサイト



第一章まで終了

だんだん収拾が付かなくなっている、今ちまちま書いている小説。
二日ほど前に第一章まで書き終わりました。
あとで推敲はするけど、とりあえずドワーーーーっと勢いで書いてみた(笑)

序章の主人公は中学生。
これだけ読むと「ん?ホラー小説になっていくのか?」って感じなのですが、第一章に入って、高校生を経て大学生になると、なんだか普通の小説になってきた。。。
本当は恋愛ものにするつもりはなかったんだけど、ぴちぴちの女子大生が恋愛をしないのも不自然だよな〜って思っていたら、のちに彼氏になる人物が出てきてしまい、結局は恋愛絡み?
ちょっとだけ不思議な話を書きたかったのが、流れが変わってきてしまいました。恋愛+不思議でまとまるようにあとで直せるのかなあ・・・(笑)

ここまでで6万文字くらい。

第二章は大学三年になった主人公が新しい分野に興味を持っていって、そこでまたいろんな人と出会うのだ。どんなエピソードがあるのかは、頭の中にはあるけど、文字になってどう変化するのか。それはまだまだ分からないです。
とりあえず調べ物から始めるので、国会図書館に行ってこなくちゃです。あとは某公園の現地視察だけど、暑い季節に行くのはつらいなあ^^;

小説のタイトルは最初は決めていたんだけど、最初に書きたかったものと少し変わってきてるので、まだ未定。ちなみに章毎のタイトルは、今のところ以下のような感じ。変えるかもしれません。

序章:その襖、開けますか
一章:灯籠流し
二章:和邇(わに)が守るもの
最終章:タイトル未定(最初は英語にしようと思ったけど、他のタイトルが日本語になったから何か考える)

P7273695.jpg

写真は、今年の隅田川花火大会での一枚。
台風が心配だったけど、無事に開催されて良かったわ。



チェリーストーンピロー

小川糸さんの「これだけで、幸せ」という本に載っていた雑貨。
良さそうだなって思って買いました。


これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

  • 作者: 小川 糸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


*******
ベルギー製のピロー。さくらんぼの種がたくさん入ったピローです。
レンジで1分半温めると、種の中にもあたたかさが伝わり、湯たんぽのように使えます。
ノベルティグッズなどで、何度も温めて使えるカイロのようなものもあるけれど、これはサクランボの種を使った自然素材のものです。

IMG_2799.jpg

チェリーブランデーを製造するために使用したチェリーの種を使用しているんだって。
もともと蒸留酒製造所で働く労働者がチェリーの種を袋に入れてストーブの上で温めて、一日の疲れを取るために使用していたのが始まりなんだとか^^

IMG_2800.jpg

触るとぽこぽこ種の形が分かります。首の後ろに当てると程よい刺激もあるし、蒸しタオルを当てられたような心地よさ。蒸しタオルは、そのあとタオルを乾かさなくちゃいけないけど、このピローはその必要がないから良いなって思いました。

IMG_2801.jpg

これを寝る前の布団に入れておくと、湯たんぽみたいで温かいと小川糸さんは書いてました。まあ、糸さんはもうちょっと大きなピローを使っていたけど。これからの季節は暑いのでその必要はないけど、寒くなったら試してみよう♪
冷蔵庫に入れて冷やしても使えると書かれていたので、ジップロックに入れて(冷蔵庫の食材の匂いが移らないようにw)冷やしてます。夏はアイスノンを枕にして寝るのですが、このピローを首に当てて寝るのも良いかな?

今はまだそこまで暑くないので、冷やす使い方も本格的な夏になったら試してみます!


チェリーストーンピロー ピッコロショート

チェリーストーンピロー ピッコロショート

  • 出版社/メーカー: EURO-JAPAN ELEGANCE
  • メディア: ホーム&キッチン


2019年5・6月の読書記録

「発掘調査のてびき」と睨めっこをしていたので、5 月はあまり本を読んでいませんでした。なので 6 月の読書記録と一緒にしてしまおう。
「ホモ・デウス」は、わたしにはちょっと難しかったかな。前作の「サピエンス全史」のほうが好みでした。

アザラシさんがオススメをしてくれて読んだ「ツバキ文具店」シリーズ。良かったなーってしみじみ思います。そのあと、小川糸さんの生活スタイルを綴った「これだけで、幸せ」を読みました。お気に入りのグッズや暮らし方をまとめた本なのですが、モノに対する考えがとても共感できることが多かったです。そして本のなかに気になるグッズがあったので買ってみました。
なかなか良いです。そのうち記事にします^^



06/30 ホモ・デウス(下) ユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房
06/26 ホモ・デウス(上) ユヴァル・ノア・ハラリ 河出書房
06/25 これだけで、幸せ 小川糸 講談社
06/24 三度目の少女 宮ヶ瀬水 宝島社
06/22 アースダイバー 中沢新一 講談社
06/21 怪しい来客簿 色川武大 文春文庫
06/20 少ない物ですっきり暮らす やまぐちせいこ ワニブックス
06/20 キラキラ共和国 小川糸 幻冬舎
06/19 ツバキ文具店 小川糸 幻冬舎文庫
06/18 猫のお告げは樹の下で 青山美智子 宝島社
06/14 新九郎、奔る!2 ゆうきまさみ 小学館
06/14 ゴールデンカムイ17 野田サトル 集英社
06/14 名探偵コナン96 青山剛昌 小学館
06/14 名探偵コナン95 青山剛昌 小学館
06/13 女たちは二度遊ぶ 吉田修一 角川書店
06/12 赤いオーロラの街で 伊藤瑞彦 ハヤカワ文庫
06/11 初恋温泉 吉田修一 集英社
06/03 雪のひとひら ポール・ギャリコ 新潮社
06/02 ニムロッド 上田岳弘 講談社
05/30 写楽の謎 田村善昭 美術の杜出版
05/13 発掘調査のてびき〜各種遺跡調査編 文化庁文化財部
05/10 発掘調査のてびき〜集落遺跡発掘編 文化庁文化財部
05/08 考古学ゼミナール 江上波夫監修 山川出版社
05/06 ナショジオ2019年5月号 色あせない才能ダ・ヴィンチ
05/03 人類がたどってきた道 “文化の多様化"の起源を探る 海部陽介 NHK出版
プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる