FC2ブログ

平成最後の日

今月は殆ど放置だったブログ。
会社を離職して、なんだかんだ動き回っていたらもう4月も終わりです(笑)
そして今日は平成最後。

いちおー、生存報告と記念に(?)記事を UP しておこう。
今月、本当は猫の物語写真集を編集しようと思ってました。ところが Adobe のライセンスが切れてしまい、その更新には諸事情があって 6 月まで出来ないことが判明。
PhotoShop が使えないのだ・・・
モバイル用の Mac にはエレメンツが入っているけど、小さい画面では編集しづらいから延期です。
どの写真を使うのかくらいの選定は出来るんだけど、まだやってません。てへw


で。
物語を書いてます。自分の中では4作の連作にしようと思っていて、プロローグにあたる1話目は書きました。今は2話目に入っているのですが、いろいろ悩み中です。
根底としたいテーマがぶれてきちゃってるから^^;
なかなか難しいですねー。書き始めると人物が勝手に動くから、今は収集がつかず、どういう流れにするか頭を抱えております(笑)

まずは書きたいように書いてみて、それからエピソードの取捨選択をしていくか、それとももっとじっくり頭の中で考えるか。うーむ。
GW中に、物語のエピソードに出てくる地域には行って写真もたくさん撮ってこようと思ってます^^
晴れの日を選ばないとね。

***

平成。この30年を振り返るといろいろな体験をしたな〜と、しみじみ。
具体的なことを書くと世代がバレる(もうバレてるかw)ので、このへんで^^
今日は17時からテレビで「退位礼正殿の儀」の解説でも聞きながら、日本酒を飲む予定♪

いま、ダンナさんが仕事部屋から出てきて「R-1が売れてるらしいよ」と言ってきました。
令和1か(笑)
日本人ってそういうの好きね(笑)





スポンサーサイト



2019年3月の読書記録

03/27 宮沢賢治の真実 今野勉 新潮社
03/24 星に願いを、そして手を。 青羽悠 集英社
03/16 スコーレno.4 宮下奈都 光文社文庫
03/15 ストーリー・セラー 有川浩 幻冬舎文庫
03/14 ナショジオ2019年3月号 誰か、いますよね?
03/12 家族の言い訳 森浩美 双葉文庫
03/11 本を守ろうとする猫の話 夏川草介 小学館
03/10 へうげもの18~21 山田芳裕 講談社
03/09 淡路島の古墳時代 洲本市立淡路文化史料館
03/09 淡路島の化石 洲本市立淡路文化史料館
03/09 洞窟環境NET学会紀要2014年5号
03/09 淡路島物語 角田直美 国書刊行会
03/09 日本神話の旅 荻原浅男 人物往来社
03/08 猫語のノート ポール・ギャリコ 筑摩書房
03/07 現代語訳・古事記 福永武彦 河出書房
03/07 古事記と日本の神々がわかる本 吉田邦博 学研
03/07 古事記・日本書紀を歩く 林豊 JTBパブリッシング
03/07 きっときっとまもってあげる マーク・スペリング 評論社
03/06 ゴールデンカムイ10~16 野田サトル 集英社
03/05 星のかけら 重松清 新潮社
03/04 変数人間 フィリップ・K・ディック 早川書房
03/03 彼女の知らない空 早瀬耕 qui-la-la2019年2月号 小学館


今月はアザラシさんオススメ本特集って感じになりました^^

変数人間の中に収録されているCM地獄は、本当にこんなことをされたらわたしも怒り狂うなーって思いましたよ。
本を守ろうとする猫の話。わたしは主人公のように本を守ることが出来るだろうか?と考えてしまいました。きっとうまくいかない気がする。。。こういう終わり方で良かったなって感じました。

家族の言い訳、家族それぞれにいろいろ事情もあり、つらいなかにも希望やほっこりする気持ちを与えてくれる作品ばかりだなって感じます。どの作品もじんわりきたけど、タクシーの運転手さんの物語、良かったな。

ストーリー・セラーは、やられましたね〜。もう、すっかり丸め込まれたというか手のひらで踊らされたような感じです。参った!(笑)

スコーレno.4は文章、そして情景描写が素晴らしいですね。目の前にその情景がありありと浮かんでくる文章。こういうふうに書けたら本当に素敵だなーと思います。

星に願いを、そして手を。
こういう中学&高校生活を送りたかったなーって純粋に思いました。わたしは人(自分も含めて)にちゃんと向き合うということをしないで生きてきたように感じるのでなおさら^^
館長さんの人生も深く読みたいなーとも感じました。

いつも素敵な本を紹介して下さるアザラシさん、ありがとうございます^^



掃除掃除

令和という元号が発表された日くらいは、ブログを書いてみようかな^^
先週の金曜日で離職して、初めての週明け。
ずっと気になっていたけど放置していた本棚の片付けをしながら、新元号が発表される11時半を待ちました。
発表されたときは、猫と一緒にソファーに居たんですけどね^^

たまっていた雑誌も全部資源回収に出してスッキリ。
旦那さんの部屋も今日は「片付けるからね!」宣言をしておいたので足を踏み入れたら、なんでこんなところで寝起きが出来るんだろうというくらい埃が舞っていました(笑)
マスクマンになって掃除をしましたよ。覗きに来た猫はくしゃみをしてました^^;

もうすぐ帰ってくるみたいだけど、部屋に入ったらビックリするだろうな。これからはマメに掃除に入ろうと思います!!(笑)



プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる