FC2ブログ

2018年12月の読書記録

12/28 ナショジオ2019年1月号 医療の未来
12/27 黒猫の遊歩あるいは美学講義 森晶麿 ハヤカワ文庫
12/27 ウは宇宙船のウ 萩尾望都 小学館
12/25 神様の御用人8 浅葉なつ メディアワークス文庫
12/16 ゴールデンカムイ 1〜9巻 野田サトル 集英社
12/16 新九郎、奔る!(1) ゆうきまさみ 小学館
12/15 七人の役小角 司馬遼太郎 他 桜桃書房
12/14 美術展完全ガイド2019 晋遊舎
12/11 闇の修験道 関裕二 ベストセラーズ
12/09 ナショジオ2018年12月号 聖書ハンター
12/05 グリフォンズ・ガーデン 早瀬耕 早川書房
12/01 卑弥呼の葬祭 高田崇史 新潮社


森晶麿さんの本は初めて読んだのですが、文体が綺麗で素敵だなーと思いました。話の内容よりも紡ぎ出される文章に魅了されてしまったわ。
でもわたしには知らない言葉がわりと出てくるので、自分の語彙力のなさにうんざりしてしまうところもありましたが(笑)
第二作目も図書館から借りているので、帰省の新幹線の中で読もうと思います。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。



スポンサーサイト



来年はどうするか

一般企業に興味がなかったわたしが大学を卒業して勤務していたのは資料館&美術館だったり大学でした。結婚を機に一般企業に就職したのですが、もちろん大手企業に入れるわけもなく(というか興味もなかったw)、起業してさほど年数の経っていない小さい会社に入りました。折しも IT バブル到来で波に乗っていく会社。規模も小さく社員も少ないけど業績は良く、わたしもとんとん拍子で昇格して、お給料もたくさんもらえました。

十数年が過ぎた頃に社長が脱税。マルサにあって一番大事な「天下の某企業」との取引が無くなると、会社はあっという間に傾きました。
ダンナさんの職も安定した頃だったので、わたしは半年くらいニート生活をして、バイトで社会復帰。そのあと前の会社のつながりで違う会社に就職しました。
その会社も出来て 1 年くらいの小さな小さな会社です。社長の他に居るのはわたしを含めて 2 人。小さいなりに業績は伸びていったのですが、去年の終わり頃、大手の取引先がうちの会社が携わっている業務から撤退しました。

そうなると体力の無い小さい会社はダメです。
売り上げはあっという間に減っていき、もともと会社を大きくしたいという思いがなかった社長なので、来春解散することになりました。
わたしは会社の繁栄と衰退を見てるなあ〜と、しみじみ思います。
学生の頃バイトしていた美術館も、バブルに出来てバブルの崩壊とともに閉館になりました。

・・・などと、悠長なことを言ってる場合ではないのです。
来春からどうしましょう(笑)

さすがにこの年齢から、バリバリ働くのはイヤです^^;
でもお小遣いは欲しい・・・というワガママ(笑)
平成が終わり、次の元号になるときにわたしはニートなのか、まぁそれはそれで良いかもしれないけど、飲み代は欲しいと、もやもや考える年の瀬なのでした。



コミックスの宅配レンタル

いつも図書館で本を借りてますが、漫画は種類があまりなく、なかなか読めません。
テレビアニメ化されているものは、アニメを観てしまいます。いま観ているのは、「名探偵コナン」 と 「ゴールデンカムイ」

コナンは図書館で漫画も借りられるのですが、ゴールデンカムイは区の図書館には無し。
しかもテレビアニメを数回見逃しているので、抜けているところの話が気になる~~~!(笑)

そんなわけで、登録してみました。
DMM.COM のコミックスの宅配レンタル。10 冊から借りられるので、試しに 10 冊借りてみました。

IMG_7036.jpg

今日からダンナさんが出張で数日居ないので、家事はサボれるからのんびり読んでみよう^^
アイヌに関わるオハナシなので勉強になります。

ゴールデンカムイ以外にも、ゆうきまさみさんの漫画を借りてみました。

IMG_7035.jpg

北条早雲のお話。
早雲は今までの歴史では浪人で、歴史の舞台に登場したときは既に年配のイメージでした。でも新しい資料が見つかって、実はもっと若いエリートだったとか。この漫画は新しい早雲像で描いたものらしいです。楽しみ^^

富樫倫太郎が描く軍配者シリーズも面白いです。
北条早雲の軍配者、風間小太郎。武田信玄の軍配者、山本勘助。そして上杉謙信の軍配者、宇佐美冬之助。
戦国時代はあまり得意ではないのですが、このシリーズは面白く読めました^^
(でも戦国時代から安土桃山時代の日本美術は面白いw)




年末に向けて

週末は年賀状印刷。
自分の分は終了したので、あとは年賀状の受付が始まったらポストに投函するだけ^^
ダンナさんの分も印刷してあげたけど、彼が一言を添えて年賀状を投函するのは年末ぎりぎりになると思われます。

大掃除も少しずつ進めていますよー。

年末年始。いつもはダンナさんの実家に2泊。
でも今回は猫が病み上がりなので、わたしは1泊で元旦に東京に戻ってくる予定。なので自分用のおせち料理もちょっとだけ用意しておこうかなーとか、いろいろ考え中(笑)


プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる