FC2ブログ

二度寝で見た夢

探偵なのか、刑事なのか。
その設定は忘れてしまったけど、わたしは動物を虐待する人を捕まえようとしている。
その人のアジトに踏み込んだけど、室内に入ってからどの部屋で虐待されているのかが分からずモタモタしてしまい、その人を捕まえることは出来たけど、動物を死なせてしまった。

命を救えずガックリうなだれているところで目が覚めた。
枕元のスマホで時間を確認すると、まだ AM2:30

「ごはん頂戴」 という猫にカリカリをあげて、もう一度就寝。
今度は絶対救ってやると意気込んで寝たら、同じ夢を見ることができた。
今回は、ちゃんと踏み込んでからの間取りも頭に入っているし、踏み込む前に事前に獣医さんに連絡をとって、駆けつけてもらうように要請した。

2度目の夢では、命を救えた。
この夢を見てるときは、自分が夢を見てるという感覚はなかったけど、コレも一種の明晰夢になるのかな?


スポンサーサイト



映画のあとの一人飲み

先週から今週にかけて、もともと予定があったのは映画鑑賞の 1 件だったけど、友達からのお誘いがあり、どんどん予定が増えてしまいました。
PC を付けない日が続いて、ついつい放置^^;

n01_20181016105043fb1.jpg

もともとの予定は、夏目友人帳の映画を観ること^^
泣くこと決定の映画は、なるべく映画館では観ないようにしてるのですが、コレは行ってしまった・・・
当然ひとりで行くけどね!!(笑)

今でこそ SNS 通じて友達がたくさん出来て、一緒に遊んでいるけど、基本は一人で行動するのが大好きです。映画も展覧会もフラリ飲みも一人^^
映画は、泣くモンか~と頑張ったけどやっぱり無理な話というもので、じんわりと心が温まりポロポロ泣きました。
夏目友人帳って良い話が多いなあ~~。
ほんと好き^^

映画の後は鼻は真っ赤&目もボッタリなので、顔がちょっとおさまるまでビル内から出られませんw
TOHO シネマズ上野が入っている PARCO_ya でランチを済ませちゃおう!
久しぶりに蕎麦でも食べようと思って入店。ひとりなのでカウンターに案内されたら・・・目の前にお酒のメニュー。

n03_201810161050450ea.jpg

あああ、これはわたしに飲めと言っているに違いない。
まだ11時だけど、飲んじゃうもんね。

n02_20181016105044cce.jpg

だし巻き卵をつまみにいただきます^^
1杯でやめるつもりが、ついついおかわり。店内が空いていたので、夜からのメニューのおつまみも作ってくれるというので、栗の唐揚げをもらいました^^

n04.jpg

ほくほくで美味しかったです。
〆に蕎麦を食べて満足!
目のボッタリもおさまったので家に帰りました^^

*******
数日後、友人から 「旅猫リポート」 の試写会が当たったので行こうとお誘いが。
旅猫リポートは有川浩さんの小説。わたしは 2014 年に読んで、それはそれは号泣した作品です。
泣くこと必至なのでチョット悩んだのですが、せっかく誘ってくれたので行ってきました。

IMG_5984.jpg

はい!めっちゃ泣きました!(>_<)ノシ
ナナ役の猫ちゃんの演技も上手くて感心しちゃいましたよ。原作を先に読んでいて、その作品が映画化されたものを観るのは、あまり好きではないのですが、この映画はすんなり世界に入れたような気がします。
「サトル」 の人生って、本当にここまでやる?ってくらいつらいことがあるけど、きっとナナと出会えて家族になれたことで強くなれたり救われたり、多くの喜びがあっただろうな・・・と、そういう描写はあまりないけど思ってしまうんだよね。

わたしも先代猫が居てくれたから、頑張れたことは多かったよなーなんて思い出します。何度も先代猫の背中に顔を押しつけて泣いたよな。黙って背中を貸してくれるイイオトコだったわ^^

帰宅後は、先代猫の仏壇に手を合わせて、それからうちの猫たちをギューってハグしましたよ。
愛おしい子たちです。


10月うまれ

10 月はダンナさんと、家に居る猫 2 匹の誕生月。
猫たちは保健所出身の子を引き取ったので、本当の生まれた日を知りません。獣医さんにみてもらって 10 月生まれだろうということで、ダンナさんと同じ日を誕生日にしました。

イマドキは猫のおやつもいろいろあって、そのおやつを駆使してプレートデコレーションを作りました。
去年の誕生日に初挑戦して 2 回目。イメージとしてはこんな感じ ↓ ですが、わたしのは、もっとグダグダで駄目な感じww

cont02Photo.png
いなばペットフード公式サイトより拝借】

ヘタくそでも、でも愛情はたっぷり入っているのです!(笑)
猫たちは、オヤツとお皿を持って部屋に閉じこもってしまったわたしが気になるようで、廊下で 「なにやってんだー」「ココ開けて~」 と鳴いていました。部屋に入れたら最後、完成前に食べられてしまうので、心を鬼にして入れませんよw

ダンナさんも帰ってきて、ささやかな誕生会。
猫たちはデコレーションしたおやつをペロリと平らげてくれました^^

IMG39.jpg

ダンナさんにはモンブラン。
みんな、Happy Birthday.


憧れのワインをテイスティング

この連休は、見事に PC から離れておりました。
テレビも観ていなかったので、今朝のニュースはちょっとだけ浦島太郎気分(笑)

友達とのランチ。
待ち合わせのお店に向かう途中、エスカレーター脇で見つけてしまった看板。

IMG_5647.jpg

憧れの「オーパスワン」がテイスティング出来る!
しかも 10ml だけど、800 円!!
お店の人と目があったので、「オーパスワンが飲めるのですか?」と聞いたら、「奥でお試しいただけますよ、どうぞ」と案内されたので、入店しちゃいました^^

IMG_5643.jpg

高くて買えないオーパスワン。カリフォルニア州のナパにあるワイナリーです。
カリフォルニアワインは、けっこう好きなのです^^

IMG_5644.jpg

この価格ですもの、庶民には手が出ません。
しかもワインは 1 本軽く空けちゃうし^^;

テイスティングの量はこのくらい(笑)
これで 800 円!でも飲んでみたかったから嬉しいの^^

IMG_5642.jpg

グラスはどのサイズにしますか?って言われたので、せっかくだから香りが立つこちらの大きなグラスで^^
この量だけど、豊かな果実の香りが広がる広がる。
味わっていただきました。(といっても、すぐに無くなったけどw)

いつか本場で飲めたらいいなあ~。
口の中に広がる香りの余韻を楽しみつつ、レストラン街へ GO。

IMG_5648.jpg

女 4 人で串揚げを楽しみました。
初めましてのお友達が 2 人^^

IMG_5650.jpg

ランチの後はビル内の喫茶店へ。天井が高くてオシャレなお店だったわ♪
ソファーもゆったりしていて、居心地が良くて長居しちゃいました^^


2018年9月までの読書記録

9 月までに読んだ本のキロク。
アザラシさんから紹介いただいた本も増えてきました(笑)
楽しく読んでおります。

*****
09/30 猫の文学館1 和田博文 筑摩書房
09/29 ナショジオ2018年10月号 アマゾン包囲される孤立部族
09/28 手のひらの音符 藤岡陽子 新潮社
09/26 工学的ストーリー創作入門 ラリー・ブルックス フィルムアート社
09/25 ノラや 内田百閒 中公文庫
09/17 ヒーローインタビュー 坂井希久子 角川
09/17 ナショジオ2018年9月号 日本列島きらめく生命
09/16 サライ 日本美術と紅葉の京都
09/13 水たまり旅行記 沖野耕一 Kindle
09/11 カラスの文化史 カンダス・サビッジ エクスナレッジ
09/09 凍りのくじら 辻村深月 講談社
09/05 さがしもの 角田光代 新潮社
09/05 夏目友人帳23巻 緑川ゆき 白泉社
09/04 書店主フィクリーのものがたり ガブリエル・ゼヴィン 早川書房
09/04 きみの声を聞かせて 小手鞠るい 偕成社
09/03 知っておきたい日本の神話 瓜生中 Kindle 
09/03 過ぎ去りし王国の城 宮部みゆき 角川書店
09/02 わたしが少女型ロボットだったころ 石川宏千花 偕成社
08/30 隅田川の妖怪教室 隅田川妖怪絵巻PROJECT 講談社
08/28 きみはポラリス 三浦しをん 新潮文庫
08/27 東京人 江戸妖怪探訪 都市出版
08/26 引っ越し大名三千里 土橋章宏 ハルキ文庫
08/25 宇宙兄弟32 小山宙哉 講談社
08/23 蝶の帰還(下) 吉川英梨 宝島社文庫
08/23 蝶の帰還(上) 吉川英梨 宝島社文庫
08/22 氷血 吉川英梨 宝島社文庫
08/21 むすびつき 畠中恵 新潮社
08/20 夢工場ラムレス 河邉徹 角川


テーマ : この本読みました
ジャンル : 本・雑誌

風が凄かったです

東京では昨日の夜遅くから夜中にかけて通過した台風 24 号。
いや~、うるさかったです!
うちは二重窓なのですが、それでも風の音がすごくて窓ガラスがビリビリと震えました。

我が家の男性陣 (ダンナさんとオス猫) は、イビキをかいて爆睡していましたが、メス猫は音が気になって不安だったようで、わたしの傍をウロウロ&体をスリスリ。明け方近くまで一緒に起きていました。

どうせ眠れないからと、メス猫を撫でながら読書。
「猫の文学館Ⅰ」 という、猫に関するアンソロジーで、さまざまな文豪たちの随筆が掲載されていたのですが、時代が違うと猫の存在意義も何処か違っていて、もちろんほのぼのする内容のものもあったけれど、読んでいて胸が苦しくなるものの方が多かったです。
今は家畜というよりも家族だものね。この感覚の違いは時代差がもちろんあるんだけどね。

「猫の文学館Ⅱ」 もあるけれど、こういうノリだとすると、ちょっとわたしは読むのがつらいな。続きを図書館で借りるのはまだやめておこう。


今日は台風一過で良い天気。
でも眠い・・・


テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
Yasuha Naka

北海道出身・東京在住。
博物館・美術館・恐竜・古代史好き。
現在は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Novels
** Kindle Books 出版本 **

¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。

 

** 小説家になろう **
無料公開しています。
towazu.jpg
kitune.jpg
yane.jpgrensai.png

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる