FC2ブログ

「蝉の声」無料キャンペーン中です

2018 年 10 月 1 日まで、Amazon Kindle 本 「蝉の声」 は無料キャンペーン中です。
こちらは 5 話からなる短編集です。
今回はそれぞれのお話の簡単なあらすじを書きますね。

◎ 蝉の声
旅行雑誌のカメラマンをしている僕は、去年訪れて雑誌で紹介した海に今年もやってきました。
海までの道は一本道。迷うはずはないのに、いつまで経っても海には到着しません。蝉の声と暑さで気を失いかけた僕に声をかけてきたのは、一人の少女。
彼女の家はすぐ近くで民宿を営んでいるというので、少しそこで休ませてもらうことにしました。
自然体の彼女の魅力に惹かれて僕は時間を忘れ、彼女の写真を撮るのですが・・・


◎ 湖の灯り
大きな湖がある町が舞台です。
12 月。兄のテル、妹のナルが住む町では教会から蝋燭をもらって、毎日 1 本ずつ灯していき、1 年の穢れを落とす習わしがあります。1 年前に家を出て行ってしまった二人の母は、テルの誕生日である 19 日に戻ってくると、テルに約束をしました。
母のことが大好きなテルは、自分の誕生日を心待ちにしているのですが、町の人や父が自分を見る様子が変なことをテルは感じ取っていました。それでも待ちに待った誕生日。その晩、いつもと違う現象が起こります。


◎ 露桜
昭和 40 年のお話です。
東京で暮らす紗織のもとに、姉と名乗る香織から手紙が届きます。
紗織は一人っ子と両親に言われていたので不審に思った紗織ですが、真相が知りたくて、香織が住む北海道に向かいます。香織はたしかに存在して、人里離れた山奥にひとり住んでいました。
なぜひとりで住んでいたのか、なぜ両親は紗織に姉妹は居ないと言ったのか、その真相がわかったとき事態は大きく変わります。


◎ なにもなくなった日
環境会社の環境調査部に所属する遥。
彼女は現在、問題を起こすホームレス達をどうするか、解決策を強いられていました。
開発実験部にいる川口君が開発したものを利用して、遥は見事に問題を解決するのですが、それを機に遥は少しずつ変わっていき、自分がしていることに疑問を持ち始めます。そして遥が取った行動とは・・・


◎ 迷い路の月
水稀が大学時代から付き合っているナオは、就職すると態度が冷たくなっていました。
ある日、会社から帰宅すると、そこにはナオが居て 「具合が悪いと電話してきたのに、こんな時間まで何処にいた」 と怒っています。電話もした記憶はないし、まっすぐ帰宅したはずなのに進んでいる時間。水稀は混乱するのですが、さらに混乱することが起こっていきます。この世界は???


****
と、こんな感じのお話です。
興味がありましたら、ダウンロードして読んでいただけると幸いです^^

画像をクリックするとダウンロード出来る Amazon のサイトに移動します。

414z.jpg

スポンサーサイト



テーマ : KINDLE(キンドル)と電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

本日より5日間、Kindle本無料キャンペーン実地です。

現在 Amazon の Kindle 本(電子書籍) で 2 冊の本を出版しています。
通常は 99 円ですが、本日 9 月 27 日から 10 月 1 日まで無料でダウンロードできます。 (太平洋標準時なので、実際は 2 日の午後くらいまでは DL 出来るかもしれません)

スマホやタブレット、パソコンに Kindle アプリをインストールすれば読むことが出来ますので、興味がありましたら、ぜひダウンロードしてください^^

以下、本の簡単な説明を。
記事の画像をクリックすると、Amazon での紹介ページに飛びます。そこからダウンロードできます。

*** 蝉の声 ***
5 つの話からなる短編集です。
どの作品も現実から少し逸脱した世界で起きる物語。ちょっとホラーテイストなところもありますが、決して怖い話ではありません。(多分)

明日の記事で、各お話の簡単なあらすじを書いていこうと思います^^

414z.jpg

【収録タイトル】
蝉の声
湖の灯り
露桜
なにもなくなった日
迷い路の月



***そして雪解けの頃に ***
1980年代の札幌が舞台の恋愛小説です。
新学期。小学3年生の早絢(さあや) がクラスで出会った海藤くん。スポーツマンでリーダーシップもありクラスの中心人物の彼に憧れを持った早絢ですが、引っ込み思案な性格のため近づくことが出来ません。
でも、弟が所属する予定の少年野球チームの試合を観に行ったとき、そこにいた海藤くんと交流を持ったことで、次第に二人の関係が変わっていきます。

この小説は小学生時代、及び大人になった早絢の物語で大きく分けて二部構成になっています。
早絢が好きなプロ野球チームは読売巨人軍なので、アンチ巨人&他球団ファンの人は、もしかしたら面白くないかもしれません。
物語の中心をなすようなエピソードはありませんが、念のためご注意ください m(_ _)m ペコリ
(広島ファンの皆様、優勝おめでとうです!)

それから、会話は北海道弁です。現在は使われないような方言もあるかもしれませんが、1980年代の雰囲気を味わって貰えると嬉しいです。

51x.jpg


【そして雪解けの頃に:目次】
雪解け迄
 最初の季節
 二度目の季節
 三度目の季節
 四度目の季節
 最後の季節
間奏1*海が泣いた日
間奏2*夢一夜
間奏3*岩場の狐
間奏4*別れの日
間奏5*夜の電車
間奏6*木漏れ日のなか夢を
そして雪解けの頃に


テーマ : KINDLE(キンドル)と電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

仲良く

今月、北海道で大きな地震が起きたあと、札幌の友人の所では停電が長引きました。
同じ札幌市内でも、うちの実家はその日の夕方には電気が通ったので、友人にはわたしの実家に行くように言いました。介護が必要だった父も既に他界し、今は母と猫しか居ないので気兼ねなく言えます。

昔から仲良しだった母と友人ですが (友人は小学生からの親友なのでw)、地震後さらに仲が深まったようで、何度か友人はわたしの実家に子供を連れて行っているようです。
昨日も 「寧巴のおばさんから梨とお菓子もらったよー」 と友人から連絡が来ました^^

友人も友人の子供も猫が大好き。でもペット不可の家に住んでいるので猫とは暮らせません。
うちの猫たちと戯れて楽しんでいるようです。
友人の子は現在高校三年生の受験生。猫たちとの触れ合いが良い気分転換になると嬉しいわ。

母も一人なので友人が遊びに行ってくれると、わたしとしても安心です。
なにせ、ちょっと様子を見に帰るってことが津軽海峡を挟むとなかなか出来ないもの^^;

**********
明日から 10 月 1 日まで、「蝉の声」 「そして雪解けの頃に」 の無料キャンペーンが始まります。
※ 太平洋標準時なので、日本だと時差があるみたいですね。無料キャンペーンが始まったら、改めて報告します。


ぼんやりと

パソコンの中に入っている、完成している小説が 1 つ。
22歳の時に書いたものです。
わたしは高校生の頃の記憶はあまりないのですが、久しぶりに読み返したその小説は、高校生が主人公。その主人公は学校に馴染めずにいて、ああ、だから高校の記憶が無いのかと納得しました。

もともとは高校の頃に漫画で描いていたものを、ワープロを買って貰ったときに文章化したもの。
小説のタイトルは「深層心理の館」
ストーリーは、ゲームセンターの片隅にあった不思議なゲーム機で遊んだら、海の中にある館に入り込んでしまって、そこに現れたのは中学の時に主人公を裏切った恋人。その人の深層心理と対峙することで、わだかまりが消えて、高校生活も楽しむか〜という気持ちになれるというお話。

ヤンキーっぽいお話でもあるので、今の時代には合わないなって思って、ちょっとアレンジしてみたのですが、どうもしっくりこない。この話はお蔵入りと踏ん切りを付けてファイルを閉じました。

現在、ちまちま書いていたり、妄想している (読書モードなので放置してるけど) オハナシは 4 つ。

◎ 小さい頃 1 回だけ会ったことのある女性と、ひょんなことで再会して付き合った男性が主人公。じわじわと彼女の過去を知っていくオハナシ。(ホラーではありません)

◎ 「そして雪解けの頃に」 に登場した、早絢がバイト先で知り合った詩子さん。彼女の娘が主人公で、高校の美術の先生が描く絵のモデルをすることになるんだけど、彼女の従兄弟も絡んで一悶着あるオハナシ。

この 2 作品はラストだけは決まっていて、そこに至るまでのエピソードを妄想中。

◎ オークやエルフが出てくるファンタジーの世界。冥王が主役で、ヒロインはその世界には不似合いな女性。彼女の正体は決まっているんだけど、世界観と設定がしっかりしてないので、ちっとも話が膨らまない(笑)

◎ 限りなく地球に似てるけど、違う惑星でのオハナシ。宇宙人が侵略してきて、その星の人口は激減。簡単に言っちゃえば星の人類が、宇宙人を撃退するハナシ。設定は宇宙人を撃退する方法を見つけるまでの最後の20日間の話で、これもラストは決まっているんだけど、登場人物の生きてきた時間を本筋のどこに当てはめるかが難しくて、知恵熱が出て断念ちう(笑)
地球に似てるけど地球じゃないので、そこに存在するモノの名前をどうするかとか、浮かびません^^;

・・・とまあ、どれもこれも書き上げるまでには数年じゃ済まないような気もします。
いま、ぼんやり浮かんでいるのは短編で、わたしが実際に体験して思ったことなどを書こうかな~と。どれもテーマは「夜」になるのかな?

◎ 中学 2 年と 3 年の時に遭った怪奇現象をそのままホラーにしたら面白くないので、ホラーじゃなくアレンジしようかなと。
◎ 大学時代、発掘のバイト先に居たおばちゃんたち、現場責任者のYさんとのエピソード。
◎ ダイビングショップに通っていた頃の四方山話で、池に沈んでいる黄金の鐙のハナシ。
◎ 歌舞伎町のクラブでバイトしていたときに一緒に働いた女の子たちのことと、結婚後、ダンナさんだけが利用出来るBAR寧巴のハナシ。

それぞれ独立したハナシにしようかと思ったけど、名前をたくさん考えるのが大変なので、主人公は一人にしようかな。まだ考え中。どんなオハナシになるだろう?
せっかくなので、アザラシさんから紹介してもらった「工学的ストーリー創作入門」を読んで勉強してから書いてみようと思っております。
まだ35ページまでしか読んでないけどね ^^;


好きじゃないけど衝撃を受けた本

今日は、全然好きじゃないけど、読んでみてこりゃ凄いと思った本の思い出話です。ネタバレはしません。

*****
遙か昔。当時付き合っていた人が 「この本すごいよ。絶対映像化出来ない話って、こういうものを言うと思う。読んでみて」 と言って一冊の単行本を渡してきました。

『殺戮にいたる病』
作者は我孫子武丸

わたしは全く知らない作家。彼もこの人の本を読んだのは初めてだったけど、面白かったというので読んでみることにしました。読み進めていくうちに、だんだん気分が悪くなりました。犯人の名前が最初から分かっているストーリー展開は非常に面白いのですが、猟奇殺人のその描写が半端なく気持ち悪い。今思えばそれだけ文章力があるのだろうけど、殺した女性の肉体の扱いなどが、非常に不快で腹が立ってきて読み進められなくなりました。

ページを捲った以上、好みじゃなくても最後まで読むのが信条だったけど、これはムリ。
彼が家に来たときに 「これはちょっと女をバカにしてる感じがして好きじゃない。もうこれ以上読めない」 と本を返しましたが、彼は本を受け取らず 「そんなこと言わないで読んでよ。マジ面白いんだから」 と、その本をわたしの部屋の本棚に入れました。

「んじゃ、しばらくして気が向いたら読むよ」 とだけ言って、本はそのまま私の本棚に収められ、月日が経ち、彼とは自然消滅しました。

本棚に入ったままのこの本の存在を思い出したのは、それからしばらく経った頃。ぎゅうぎゅうになった本棚の本をどうするか眺めていたときに背表紙が目に入ってきたのでした。
すでに彼の連絡先も知らないので返せず、行き場を無くした本。その頃はストーリーは忘れてましたが、不快に思った記憶だけは鮮明に残っています。それでもページを捲ってみました。

最初に読んだ頃よりは大人になっていたので、不快には違いないけど読み進めることが出来ました。確かにすごいです。どうやっても映像化は出来ない。うまく読者をミスリードしてるなあと感心しました。読者の脳内の映像化だけでじゅうぶん凄すぎると思いました。

それでもやっぱり好みの本ではないので、再読しようとは思いません。
単行本で場所もとるし、自分好みの本ではないので、断捨離ついでに他の本と一緒に図書館に寄贈してしまいました。もう 10 年以上も前の話なので、今読めばまた違う感想かもしれないけど・・・もういいや(笑)

我孫子武丸さんの本は、この 1 冊目が強烈すぎて他の作品は読んでません。
今回この記事を書くにあたって、ちょっと調べてみたら、ゲームの「かまいたちの夜」のシナリオを書いているのですね。あのゲームは面白かった記憶があります。本も興味をそそられるタイトルがいくつか・・・まぁ、気が向いたら読んでみようと思います^^


テーマ : こんな本を読んだ
ジャンル : 本・雑誌

仏像の展覧会

季節は秋。
8月 ~ 9月上旬で夏休み集客メインの展覧会は終了し、これからは秋の展覧会シーズン。
秋は渋いものがいろいろ来ます。まさに芸術の秋。

仏像、日本画、ムンク、フェルメール・・・前売りを手に入れてるのは 4 展。あとは年間パスポートを利用するわ。
さっそく行ってきたのは三井記念美術館で開催中の 「仏像の姿(かたち)」 展。
仏教伝来以降、日本の仏師達が独自の表現方法で作り上げていった仏像たちを堪能する展覧会。

展覧会会場に入って、まず出迎えてくれたのが 「迦陵頻伽 (かりょうびんが)」 です。
極楽に住む上半身は人で下半身が鳥の生物。今回の迦陵頻伽は、楽しそうに踊っている姿でした^^

karyo.jpg

まるでフラメンコを踊っているかのような・・・とキャプションに書かれていたけど、本当にそうね^^
右手にはカスタネットを持っていて、音がしそうな感じでした。(実際は持ってないよw)

back.jpg

パっと見、迦陵頻伽と天女は区別が付かないんだけど、足が鳥なら迦陵頻伽 (笑)
これ ↓ は、本展覧会には出展してないけど、わたしが初めて観た迦陵頻伽です。中尊寺金色堂の華鬘(けまん)なの。

keman.jpg

美しさに一目惚れしました。ちなみに国宝です。
中尊寺にはこの華鬘をモチーフにしたグッズが売られているらしく、欲しいのですが、以前中尊寺に行ったときはツアーだったので、探す時間がなくて手に入れられなかったのだ。次回チャンスがあったら欲しいわw

話を戻して。
この展覧会では、東京藝術大学文化財保護学の学生や卒業生による仏像の模刻作品や修復作品も展示されていました。此処に、わたしがファンの現代仏師さん (イケメンです!) の作品も展示されていました^^

kaimon.jpg

阿弥陀如来立像。当時の技術、彩色を再現したんだって。
当時の仏像が極彩色だったことを想像すると不思議な気分(笑)



来年の手帳

来年のカレンダーや手帳が売り出される季節になりました。
ここ数年は同じシリーズを買っています。
カレンダーはぺたぺた飾るのは好きじゃないので 1 冊だけ月齢が分かるものを飾ります^^
いちおう寄付を兼ねて毎年 3 冊、動物愛護団体が作成してるカレンダーは買ってますが、12 月の忘年会で友達にあげてる(笑)

手帳はこれまた月の満ち欠けに合わせて作られた手帳を利用してます^^
その名も「MOON PLANNER」

IMG_5220.jpg

以前は一般的な手帳を使っていたのですが、スマホを持つようになってスケジュール管理はスマホの方が楽だし。とにかくすぐに月齢を知りたいタイプなので、この手帳を知ってからは愛用してます。

IMG_5221.jpg

通常の手帳と違って、春夏と秋冬の 2 冊に分かれていて、ページのスタートは新月 or 満月。なので月が満ちていく約 2 週間と、欠けていく約 2 週間それぞれで見開き 1 ページ。この手帳はもっぱらメモ書きや日記みたいな感覚で使ってます。

月のリズムに合わせて生活してると、わたし個人的には心地よいです。
満月に向かうあいだは、いろいろ積極的に動いて、月が欠けて新月に向かうあいだは、それまでに温めていたものを見直したり。不思議なもので、この手帳を使うようになってからは婦人科系の身体のリズムも順調なのです。だからいろいろ予定も立てやすい。

使い始めて 4 年目に突入の MOON PLANNER、先ほど秋冬バージョンを注文完了。別途用意している手帳カバーには、ウチの猫のシールを貼ってます(笑)




誕生日

まだ北海道では大きな余震が続いてます。
札幌でも夜中にまた地震があったみたい。そんななか、母と友達から Happy Birthday のメッセージが届きました。ありがとう。

母はいつも買っているお店からオリーブオイルが届いたので 1 本送るね、と。お礼に実家の猫たち用のコスプレグッズを本日発送しました(笑)
ハロウィンで楽しんでくれますようにww


ダンナサマとは数日前にお気に入りのお店で誕生祝いを兼ねたゴハンを食べました。
マスターもたくさんサービスしてくれて嬉しかったわ♪
マスターの奥様とわたしが同じ誕生日だったことが分かって、いつも以上に盛り上がりました。

良い天気だし連休最後の日なので、今日は掃除洗濯!


乙女達の会

IMG_5001.jpg

近所の飲み友達 5 人と 2 ヶ月ぶりの飲み会。
9 月生まれの誕生 Party をしてもらいました。かれこれ 8 年近く続いている交流。ありがとう。

彼女たちは、元バイト仲間。
この界隈に住み始めて 10 年。引っ越してきた当初勤めていた会社はマルサにあって、大事な取引先を失い倒産。ちょうど体調も良くない時期だったので、半年くらい引きこもりの生活をしてました。
それまでの約 10 年。かなり忙しく働いていたので、家で老猫とのマッタリした生活で潤いを取り戻したのでした(笑)

半年がすぎて、そろそろ社会復帰でもしようかな・・・
でもいきなり正社員は疲れるな。老猫の介護もあるから、まずはバイトで身体を慣らそうかな。
そうだ!引っ越してきてまだ友達も居ないから、この界隈でお友達を作らなくちゃだわ!

そう思って区報を見て応募したバイト。
そこで出会った酒大好きの主婦たち。かけがえのない友達と出会えました^^

本当は 3 ヶ月の短期のつもりだったのですが、更新のハナシがきて、居心地も良く、ずるずると気づけば 3 年。
わたしはその後、倒産した会社の関係者から誘いが来て、新しい会社で働くことにしたのでバイトは辞めましたが、彼女たちは今もそのバイト先にいます。すっかりお局さんですよw

バイトの 3 年の間に老猫は虹の橋を渡りましたが、バイトの身分だったおかげで、急な休みも気兼ねなく取ることができ、介護もそしてちゃんと看取ることも出来ました^^

彼女たちと集まって飲むと、どうしても老後のハナシになってきます。
今はまだ恥ずかしいけど、60 歳を過ぎたらみんなで温泉に行こう~と。
わたしは今行っても問題ないんだけどなあ(笑)

ま、恥じらいのある乙女達の会ってことで、この日は楽しみました。


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

今日も地震のハナシ

北海道胆振東部地震。今も余震は続いているそうです。
ちょっと大きな余震があると、やっぱりドキっとすると母は言っておりました。

友人も昨日から仕事が始まったけれど、通常通りではないそうです。
同僚に実家が厚真町の方がいるらしく、実家の様子を写真で見せてもらったら、「言葉が出ないとはまさにこのことだ」というくらい酷い有様だったそうで、ショックを受けていました。
テレビで見るような避難所の炊き出しは稀で、殆どの避難所は塩むすび 1 個と水だそうです。

あの地震以降、友人は食べ物が美味しく感じないと言っていました。
いつも美味しく食べている中華屋さんに入っても、ただ空腹を満たすだけで「美味しいと思えない」と。
いつまた大きな地震があるか分からないからお酒も飲めなくなったよ、とも言っていました。

わたしも東日本大震災のとき、さすがに地震があって日が浅い頃はお酒を飲む気が起きませんでした。酔っぱらってる場合じゃないって気持ちが大きかったです。
お酒を飲み始めたのは、地震後どのくらいだったか・・・でも飲むようになってから少しずつ日常に戻っていったような気がします。

「それを聞いて安心した!飲兵衛ヤスハもお酒飲んでなかったなんて。なら私もきっとまたお酒も飲めるようになるし、ご飯も美味しく感じるようになるね(^o^)」

こんな他愛もない会話でも、ちょっとでも気分転換になってくれたら嬉しいです。

187.jpg


テーマ : 心の持ち方
ジャンル : 心と身体

プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる