FC2ブログ

三浦しをんさんの「のっけから失礼します」


1.5ヶ月くらいの割合で美容室に行きます。席に用意してくれているのは30代向けの「BAILA」と、40代向けの「STORY」というファッション雑誌。

席につき、「今日はカラーとトリートメントと・・・」と、美容師さんと予約内容を確認し、担当の美容師さんが準備をしているあいだに、まずは楽しみの「BAILA」を手に取ります。

ba_20200114155020ec6.jpgst_20200114155018fe3.jpg


この雑誌の巻頭ページに、三浦しをんさんのエッセイが掲載されていて、これがクスっと笑える面白さ。美容室に来たら、まずこのエッセイを読むのが習慣になっています。


IMG_7048.jpeg


エッセイのタイトルは「のっけから失礼します」です。
雑誌の巻頭ページにあるからだそうな(笑)
このエッセイが、単行本になって発売されました。5年分のエッセイですよ!


IMG_7157.jpeg


先週美容室で読んだエッセイは、この単行本発売の際に書いた「まえがき」のことでした。月に一度の連載なので、外出しない筆者でも、ネタになる出来事に遭遇出来るペースだと、まえがきには書いてあるのですが、今月のエッセイでは、とうとうネタがなくなったこと、その理由について書かれていて、笑っちゃいましたよ ^m^


読みやすい文体と、ネタとして取り上げる話のセンスの良さ。
読んでいて楽しいです。
エッセイ集を買うことはほとんどないのですが、このエッセイ集は買って良かったです!!



スポンサーサイト



本の一節

IMG_6975.jpeg

年末年始に読んでいた本。
同郷の友達が衝撃を受けたから読んで!と、送ってくれました。1冊の本と出会い、その作者のことを調べていくうちに、謎が深まり、怪しい事象に巻き込まれて、そして成長していく少年の話です。かなり壮大な、そして壮絶な物語でした。

そのなかの一節、

「物語というのは、その書き手がなにかを語ろうとして、自分宛に書く手紙のようなものだ。書く以外の方法では、それが発見出来ないのだと、彼はそう言ってくれました」

なんか分かるな〜と、ジーンときてしまったので、覚え書きとして書いておこう。

****
MunehitoKiri さんが紹介してくださっていた「旅の時短スケッチ」も Amazon から届きました。
すごいなー。ほんっと、こんなふうに描けたら素敵!

IMG_6976.jpeg

見ているだけでも楽しい本でした。
何回も読み返してしまいそうです^^

でも、わたしもスケッチにチャレンジしてみようかな(笑)




2019年12月の読書記録

12/25 ドレの失楽園 ジョン・ミルトン/ギュスターヴ・ドレ 宝島社
12/24 あまんみきこセレクション2 あまんみきこ 三省堂
12/22 愛するということ エーリッヒ・フロム 紀伊國屋書店
12/19 風の影(上)カルロス・ルイス・サフォン 集英社文庫
12/18 奥尻島 宇苗満 本の泉社
12/18 ぼくらの町がきえた(新日本おはなしの本だな)小林陽子 新日本出版社
12/14 きつねのかみさま あまんみきこ
12/13 神社のいろは(続) 監修・神社本庁 扶桑社
12/13 神社のいろは 監修・神社本庁 扶桑社
12/13 日本動物民族誌 中村禎里 海鳴社
12/13 神さまに選ばれた動物図鑑 神宮館
12/13 きつねの童子-安倍晴明伝 堀切リエ 子どもの未来社
12/12 時の迷路-恐竜時代から江戸時代まで 香川元太郎 PHP研究所
12/11 星を継ぐもの ジェイムズ・P・ホーガン 創元SF文庫
12/10 インドが変える世界地図 モディの衝撃 広瀬公巳 文春新書
12/09 遺跡発掘師は笑わない 縄文のニケ 桑原水菜 角川
12/08 遺跡発掘師は笑わない 君の町の宝物 桑原水菜 角川
12/08 ナショジオ2019年12月号 エルサレムを掘る
12/08 ナショジオ2019年11月号 女性たちの世紀
12/08 ナショジオ2019年10月号 絶滅
12/08 ナショジオ2019年9月号 北極
12/04 遺跡発掘師は笑わない 元寇船の紡ぐ夢 桑原水菜 角川
12/03 遺跡発掘師は笑わない 元寇船の眠る海 桑原水菜 角川
12/01 遺跡発掘師は笑わない 悪路王の左手 桑原水菜 角川

2019年のTOTAL 167冊

*****
12月は入院もしたし、家で養生してたので、わりと読んだかな。
「神社のいろは」は神社検定の公式テキストなのですが、これがめっちゃ情報満載でお気に入りの本なのです(笑)
検定は受けたことはないけど、機会がある毎に読み返してます。

モディさんの本は、日本は競争力がないなーって感じてしまったよ。
愛するということは、アザラシさんが記事にしていたので読んでみました。
このくらいの年齢になると、「男女」の愛は化石化していてねww
確かに、日本人の感覚とは若干違いもあるなーと思いつつ、「愛」のことを考える良い機会になりました。

わたしは、基本「地球愛」です!地球が好きさ!!



2019年11月の読書記録

11/26 遺跡発掘師は笑わない 悪路王の右手 桑原水菜 角川
11/22 私の幽霊 ニーチェ女史の異界手帖 朱川湊人 実業之日本社
11/21 遺跡発掘師は笑わない まだれいなの十字架 桑原水菜 角川
11/11 遺跡発掘師は笑わない 出雲王のみささぎ 桑原水菜 角川
11/08 海底に眠る蒙古襲来 水中考古学の挑戦 池田榮史 吉川弘文館
11/03 遺跡発掘師は笑わない ほうらいの海翡翠 桑原水菜 角川
11/01 猫を抱いて象と泳ぐ 小川洋子 文春文庫


今月も、読んだ本は少なめ。
小川洋子さんと朱川湊人さんは、アザラシさんのオススメしてくれていた本です。
どちらも染みいるなあ〜。

小川さんの本は、とっても切ないけど、こういう展開こそこの物語にふさわしいと納得してしまう内容でした。
朱川さんの本は初めて読みましたが、モチーフが好み。
アザラシさんおすすめのベーシックインカムは、図書館で順番待ち。

今回、水中考古学関連の本を検索していて見つけたのが「遺跡発掘師は笑わない」シリーズ。
「遺跡発掘師」という、わたしの好きなキーワードがそのままタイトルになってるのだから、これは借りちゃいます(笑)

天皇はどこから来たのか、そして出雲大社、隠れキリシタン、アテルイ。
どれもこれも自分でも文献をいろいろ調べている内容。しかもキャラクターもイキイキしていて、これはやられたな。

ダンナさんと飲んでいるとき、その話をして、「こんな面白い本が先に出ていて、わたしがこういうネタを書いても二番煎じになっちゃうよ」と愚痴ると、人間の思考は似ているし、分野が近ければかぶってしまうのは仕方ないよ。そのなかでも寧巴にしか書けないものがあるんじゃないの? 思考は似ていても、今まで生きて経験してきたことは違うんだからと慰めてくれました(笑)

「海底に眠る蒙古襲来 水中考古学の挑戦」は、元軍船の引きあげに携わったご本人の著書。
日本における水中考古学の現状なども、とても参考になります。科研費を取る苦労とかもw
海底に沈んでいる元寇船が発見されたときのニュースは、今でも覚えてます。めちゃめちゃ興奮しましたわ^^






12月に総合病院での入院が決まってますが、頸動脈にソフトプラークが見つかり、ICUのある大学病院にまわされるかもしれないと、予定が宙ぶらりんになりました。でも先生方が相談をして、当初の予定通り総合病院での入院&手術に。
あと一週間。なるべく身体に良いものを食べて過ごします^^


2019年10月の読書記録

10/29 教養としてのミイラ図巻 ミイラ学プロジェクト編著
10/26 薬指の標本 小川洋子 新潮文庫
10/23 宇宙兄弟34 小山宙哉 講談社
10/18 日本の仏教美術 守屋正彦 東京美術
10/14 東海道五十三次殺人事件 風野真知雄 実業之日本社
10/12 縄文の家殺人事件 風野真知雄 大和書房
10/10 日本の星 野尻抱影 中公文庫
10/05 ホンモノの日本語 金田一春彦 角川ソフィア文庫
10/02 生物学の歴史 アイザック・アシモフ 講談社学術文庫


今月は読んだ本が少なかったです。
頑張って小説書いてるからなんだけど・・・^^;

アザラシさんが紹介して下さった「薬指の標本」は、本当に不思議な話でした。
こういう職場があったら、どんなふうに標本が作られているのか、すごく気になってしまう。
今は同じく小池洋子さんの「猫を抱いて象と泳ぐ」を読んでます。

国立科学博物館でミイラ展が始まったので、ミイラの本が図書館から届いたのは
ベストなタイミングでした^^
そういえばエジプトでも新たにミイラが発見されたとニュースで見ました。
棺が本当に綺麗な状態で保たれていて感動。2020年に開館予定のエジプトの「大エジプト博物館」に展示されるみたいです。行きたいなあ〜。


プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる