FC2ブログ

いつも悩むタイトル

今、「小説家になろう」に投稿している作品も、パソコン内では終章を残すのみとなりました。
この終章のタイトルに悩み中(笑)

もともとタイトルは書き上がったあとにつけるタイプなので、本当に困ります。
みんなは書く前にタイトルをつけられるタイプなのかしら。
羨ましいって思っちゃいます。
終章はページ数も少ないと思うので、書き上げてからタイトルを考えて投稿しようかな。

この物語が完了したら、次に投稿する長編作品も考えてます。
すでに3万文字くらいは書いてある話なのですが、一人称で書いているので、三人称に書き直して投稿しようかなーって思ってます。この作品をちゃんと仕上げるためには、奥尻島を襲った地震のことをきちんと調べないとな。
当然ながらこのタイトルもまだ未定(笑)

なんとなく・・・自分の中では「美しい日本語」にこだわりがあって、
日本語のタイトルをつけたいタイプなんです(笑)
でも語彙力がないので、浮かばないんですよね・・・困りました。


スポンサーサイト



カクヨムにも投稿してみました

「遺跡発掘師は笑わない」シリーズを現在は読んでいて、図書館で借りております。
現在10冊出ているようで、やっぱり順番に読みたい!

この本は角川文庫から出ているので、刊行順を確かめるために公式サイトにいきました。
そしたら、「カクヨム」ってアイコンがあることを発見。
なんだろうとクリックしたら、角川が運営している小説投稿サービスなのですね。

「小説家になろう」のようなものなのかなーと思いながら利用方法を読むと、他のサイトに投稿してる作品も載せてOKと書かれていたので、こちらにも現在書いている作品を投稿してみました。

ま、反応はないけど、自己満足ってことで♪


それにしても、現在は異世界のファンタジーが小説界(ラノベ界?)では人気なのですね。
ゲームの影響なのかなあ。この間チラっと読んだ漫画アプリも、異世界に転生するお話しが多くてビックリです。ああ、時代に置いていかれている・・・

でもそういう話は書けないので、自分の世界を書いていくしかないですね^^;
だから読まれないんだろうけど・・・ま、自己満足ってことでww
ほんとは自己満足じゃいけないんだけどね。



ちまちま修正

「小説家になろう」の公式ブログで、ラノベの書き方にルールがあることを知りました。
私が投稿しているものは、そのルールにまるで則っていないので、ちまちま修正しております。

私は縦書きで書いていて、縦書きで読むのが好き(縦書きじゃないと小説は読めない)なうえに、上から下までびっちりと活字が埋まっている本が好きなのですが、確かにパソコンで横書きの小説だと、それは読みづらいですよね。

今日は一日家に居たので、ひたすら修正していたら、目がしょぼしょぼになりました。
それでもまだ半分も終わっていないww
見事に「(改)」のオンパレードになってます!


1121.png


せっかく投稿してるんだから、ちょっとでも読んで貰いたいですもんね。
修正頑張ります。

【問わず語りの夜】
https://ncode.syosetu.com/n3956ft/



増えちゃいました

「小説家になろう」に投稿している「問わず語りの夜」

https://ncode.syosetu.com/n3956ft/

もともとの構想では四部構成でした。

 序章:その襖、開けますか
 一章:灯籠流し
 二章:和邇(わに)が守るもの
 最終章:タイトル未定

ところが、二章を書いてる途中で、どうやっても終わらなくなってしまったww
なので三章を追加して、それから最終章って感じかなー。
二章もだいたい書き上がったので、つじつまがちゃんと合ってるのを確認して投稿していくつもりです。

いやはや、想定していたものとは違ってきたぞ!(笑)
某公園の幽霊を出すつもりはなかったのに出てきちゃったしー^^;
(あ、ネタバレになるからやめよう)

「小説家になろう」に投稿している部分は、現在主人公が小笠原諸島に到着したところです。
現実では、台風21号が小笠原諸島に接近中で、記録的暴風雨になるおそれがあるとか。なるべく被害が最小限で済みますように。

大学の頃に訪れた小笠原諸島。
当時の写真と、アルバムに挟んであるパンフレットを見ながら小笠原諸島の章を書きました。私が訪れたときはまだ世界自然遺産に登録されていなかったので、わりとあちこち自由に行けたんですよね。
また本当は訪れたいです。でも船で行くしかないから、学生の頃と違って一週間も家をあけることは出来ないからね。老後の楽しみかな?




タイトルが決まりました

タイトル未定だったこのカテゴリ。
「小説家になろう」に投稿を始めたので、タイトルが否応なしに決まりました。

”問わず語りの夜” ってことにします。
ちょっとしっくり来ない部分もあるのですが、序章の終わりに樹里が彼と会話をしている時間帯が夜なので。

第一章までは書き上がっているので、コピペして投稿してますが、
第二章はまだ途中で、しかも序盤。頑張って資料集めて書かないとだわw

【問わず語りの夜】
https://ncode.syosetu.com/n3956ft/

*****
人間ドックの結果が送られてきて、いろいろ問題がありました。
今日はかかりつけの先生のところに行って結果を見せてきましたよ。貧血がひどくなっているので薬も飲み始めます。貧血の原因は分かっていて、解決に向けての一歩も既に踏み出しております。
あとは緑内障の検査です。もともと網膜が薄いので、半年に一度の視野検査は10年くらい続けているのですが、人間ドックで指摘されたのは初めてだから、それも眼科の先生に伝えなくちゃです。歳を取るとほんっといろいろ出てくる!(笑)

プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる