FC2ブログ

ガラスペンとドローイングペン

昨日から今日にかけて見た夢に、ガラスペンが出てきました。
文房具を扱う職場に居て、棚のチェックをしているの。コンパス、定規、便箋などのチェック。触りながら、やっぱり文房具は好きだなーと、しみじみ思ってました。(包丁を天井に刺してる夢も見たので要注意か?)

夢の中でわたしは3本のガラスペンを所有していたのですが、本当は1本しか持ってないです。7年前に買ったもの。当時のわたしとっては奮発したガラスペン。試し書きをして、一番に手に馴染むものを買いました。

IMG_6766.jpg

いつかは佐瀬工業所のガラスペンを手に取ってみたい^^

普段使いのペンはコチラ。ドローイングペン。
耐水性があって、太さも色々あって使い分け出来るのが良いのよね。

IMG_6771.jpg

本を読んでいて覚えておきたい箇所を書き殴ったり・・・

IMG_6767.jpg

まとめるときは細いペンで、みっちり^^

IMG_6768.jpg

IMG_6769.jpg

無心に書いている時間は好きなのです。
愛用してるのは KOKUYO の測量野帳の「SKETCH BOOK」です。

IMG_6770.jpg

薄くて小さいから、メモ書きしたこのノートを旅行に持って行くのにもピッタリなの。
コレを見ながら「この神社はホントは×××なのね」と、裏歴史を考えほくそ笑むのでした^^

野帳を使っている人のアイデア満載のサイトも、たまにチェックしてます。
https://www.kokuyo-shop.jp/shop/u_page/Promotion_yacho.aspx





やっと風邪からも復活したかなー。
退院してから、自分の家界隈しか歩いてないので、銀座の大きな文房具店に行きたくなりました。

文房具を見てる時間って楽しいです。
大量生産のものではなく、こだわりのある良い品のものを見るのが、やっぱり一番楽しい。



スポンサーサイト



iPad がもらえました

来月、5日間ほど入院することになりました。
入院のてびきを読むと、なんとなんとパソコンの持ち込みは不可だそうです。
病室に居る間に、がっつり作品を書こうと思っていたのに (@_@;;

読書三昧で、それはそれで良いけれどネットから離れるのは寂しい。
スマホは画面が小さいから長時間見てると疲れちゃうし・・・

そしたらお義父さんが使わなくなった iPad を譲ってくれました!
まだ2年縛りで使える docomo の SIMカード入り!
ここで疑問が湧いたのです。

SIM カードはお義父さん名義。
そして iPad の AppleID もお義父さんのもの。iPad を初期化して、私の AppleID でサインインすると、SIM カードはどうなっちゃうのかしら??
Docomoショップで相談予約をして聞いてみると、AppleID と Docomo の契約はまったく別のものなので、AppleID が変わっても問題なしとのこと。

家に帰って、まずは iPad の設定画面で、「iPad を探す」をオフにしてから、お義父さんの AppleID からサインアウトをしました。そして同じく設定画面から「一般」の「リセット」を選択。「すべての設定をリセット」して初期化開始!

まっさらな iPad になったので、私の AppleID でログインします。
データ共有が行われて、iPad が使えるようになりました^^
WiFi が繋がらないところでは、docomo のデータ通信を利用すればネットに繋がる。もちろん料金はお義父さんの支払い・・・なので、入院してるときだけデータ通信を使わせて貰います。動画は見ないように気をつけます。ゲームもやりません!(笑)

ブログとインスタだけさせてくださいww



昔からのGジャン

この間、衣装部屋&非常用品買い置き部屋になっている部屋の片付けをしました。
洋服はそんなに持っているわけではないけど、知らないうちに溜まっていきます。ハンガーの数も限られているしスペースも限られているので、着なくなった服は地域の古布回収にあわせて出すことにしました。まだ着られる服はリサイクルされて、海外に送られるようです。

傷んではいないけど、年齢と共に似合わなくなる服はどうしても出てきます。
顔の肌色に合わなくなっていたり、雰囲気に合わなくなってしまったり。着なくなった服は、2年を目安に手放すようにしています。今回も 40L 袋に 2 袋ほど出ました。

こうやって着なくなった服を出すと、オーソドックスな形のものは、やっぱり優れているなあ〜と実感することも多いですね。
いまだ手放さず、年に数回にはなってるけど着ている服があります。この EDWIN のGジャンです。なんとこれ、12 歳のときに買って貰ったものです(笑)
かなりゆったりしたGジャンなので、大人(オバサン)になった今でも余裕で着られますww

IMG_3392.jpg

このGジャンに袖を通すときは、若かりし頃の思い出もいろいろとよみがえってきます。
友達と出かけるときや、デートの時にだって着ていたものね(笑)

ここまでくると、このGジャンに限ってはお婆ちゃんになっても手放すもんか!って思っております。
襟ぐりは黄ばんでいるし、袖口はほころびがありますが、それでもまだまだ現役でやっていけそうなGジャンです。コレを着て、颯爽と歩いているお婆ちゃんにならなくちゃね。
鮮やかな色のロングワンピースにあわせて着ても、可愛いと思いません?
そんなお婆ちゃんになりたいわ^^



チェリーストーンピロー

小川糸さんの「これだけで、幸せ」という本に載っていた雑貨。
良さそうだなって思って買いました。


これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条

  • 作者: 小川 糸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


*******
ベルギー製のピロー。さくらんぼの種がたくさん入ったピローです。
レンジで1分半温めると、種の中にもあたたかさが伝わり、湯たんぽのように使えます。
ノベルティグッズなどで、何度も温めて使えるカイロのようなものもあるけれど、これはサクランボの種を使った自然素材のものです。

IMG_2799.jpg

チェリーブランデーを製造するために使用したチェリーの種を使用しているんだって。
もともと蒸留酒製造所で働く労働者がチェリーの種を袋に入れてストーブの上で温めて、一日の疲れを取るために使用していたのが始まりなんだとか^^

IMG_2800.jpg

触るとぽこぽこ種の形が分かります。首の後ろに当てると程よい刺激もあるし、蒸しタオルを当てられたような心地よさ。蒸しタオルは、そのあとタオルを乾かさなくちゃいけないけど、このピローはその必要がないから良いなって思いました。

IMG_2801.jpg

これを寝る前の布団に入れておくと、湯たんぽみたいで温かいと小川糸さんは書いてました。まあ、糸さんはもうちょっと大きなピローを使っていたけど。これからの季節は暑いのでその必要はないけど、寒くなったら試してみよう♪
冷蔵庫に入れて冷やしても使えると書かれていたので、ジップロックに入れて(冷蔵庫の食材の匂いが移らないようにw)冷やしてます。夏はアイスノンを枕にして寝るのですが、このピローを首に当てて寝るのも良いかな?

今はまだそこまで暑くないので、冷やす使い方も本格的な夏になったら試してみます!


チェリーストーンピロー ピッコロショート

チェリーストーンピロー ピッコロショート

  • 出版社/メーカー: EURO-JAPAN ELEGANCE
  • メディア: ホーム&キッチン


眼鏡ケース

普段はコンタクト人間なのですが、最近どうもピントが合わないことが増えました。
遠近両用コンタクトなのに、遠くも近くも中途半端にピントが合わない。
また眼科に行かないとな〜と思いつつ、面倒なので外出から帰ってくるとすぐに眼鏡です。なら普段から眼鏡で良いんじゃない?って思うかもしれませんが、じつは睫毛がワサワサしていて、まばたきするたびにレンズが汚れてこれまた見づらいんです(笑)

目に関してはいろいろトラブルがあって、日光に弱いのでサングラスも多々。自然に数も増えていきます。プラスチックの眼鏡ケースは場所をとるので、旅先などで布製のかさばらない眼鏡ケースで気に入ったのがあると買ってしまいます。

少し前に眼鏡をもう1本新調したので、布製の眼鏡ケースが欲しいな〜と思いながら過ごしていたある日。六本木にあるサントリー美術館に行って展覧会を観たあと、ハタと思い立ってミュージアムショップに行きました。
ここなら布製の品質の良いものがありそう!!

IMG_2642.jpg

ありました ^m^
こういう柄、大好きです。名物裂(めいぶつぎれ)と呼ばれるもので、これは鎌倉〜江戸時代初期に中国から入ってきた高級絹織物の総称。茶道の発達とともに用いられるようになったものなんだって。その文様などを再現して作られた眼鏡ケースです。

IMG_2655.jpg

もちろんわたしが買ったものは絹じゃなくて綿 100% 素材ですどねww
今の季節に使っているサングラスがピッタリ収まるので買っちゃいました♪

IMG_2643.jpg

前に勤めていた会社は、国外で安いコストでモノを大量生産する業種でした。
船便で到着したものを検品すると、しみ出る化学薬品の匂い、縫製の甘さ、安かろう悪かろうというものが納品されてくるのをたくさん見ました。酷いときには頭をかきむしりながら作業したでしょうというくらいの髪の毛まで混入していたり。全部不良品にしましたけどね(笑)

作った人の顔と情熱が見られる商品が好きです。
なので、たとえそれが有名ブランドのものではなくても、フェアトレードの商品は応援したいし、もちろん商品を気に入れば買って長く愛用します。

やっぱり自分の手元に置くものは、気に入ったものが一番ですよね。
付喪神になるまで宜しくね、と、眼鏡ケースにも挨拶をしました(笑)
そのまえにわたしの寿命が尽きるかww


プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
七迦 寧巴(なか やすは)と申します。
北海道出身・東京在住です。
Kindle で小説を出版していますが、最近は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
Kindle Books
** 出版本 **
¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。


蝉の声


そして雪解けの頃に

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる