FC2ブログ

これも明晰夢なのか?

インフルエンザからは復活。
でも風邪の症状が残っているので、薬を処方されてます。
現在無職なのを知っている先生は、眠くなる薬を処方していてくれて、食後に飲むと眠い眠い。猫と一緒にソファーでうたた寝です。

*****
塔の中に居ます。
この塔は一度来たことがあるなと気づきました。
「指輪物語」を夢中になって読んでいた頃です。

あのときは塔の各階でオークを倒しながら、塔のてっぺんを目指しました。いま居るのは最上階のひとつ前。
あのときの夢ではたどり着けなかった場所に来ていることに気づきました。
このフロアの何処を開けるとモンスターが出てくるのかは知っている・・・それは柱時計の扉。まだその扉はガッチリと閉ざされているから、先に上の階に何があるのかを見て来ちゃおう。

そんな声が聞こえてきて、最上階への階段を上りました。
最上階は金色の光に包まれていました。
音楽と歌が聞こえます。

「♩♩♩  ♩♩♩  🎵♩(四分休符)」

あー、また知らない曲を作ってる。夢だ、とハッキリ夢の中で気づきます。
ならできる限り覚えておこう、と心の中で思いました。

そして、最上階に辿り着いたとたん、頭から水をどんどんかけられました。
苦しくはないけど、目が開けられないです。
水はどんどんたまって、一面が水になりました。
鐘のような声が聞こえます。あまり若くはない女性の声でした。
「素直に王位を譲りなさい」

ああ、やっぱり先に下のフロアでちゃんと戦うべきだったのか、と思いながらも、音楽と歌を忘れないように口ずさみながら目が覚めました。
ソファーで寝そべっていたわたしの隣では、まだ猫が気持ちよさそうに寝ていました。
この子はどんな夢を見ていることやら?



目覚めて最初に浮かんだ言葉は、「脱税とイナビル」
他の人には意味不明でしょう(笑)
今までの人生でかなり環境が変わったキーワードです。
この2つによって失うものも多かったけど、とりあえず「脱税」で得たものは芸術方面での知識(浅いけど)。
「イナビル」によって失ったものはもちろん自分で分かっているのですが、得たものは、まだ分かりません。これから得ることが出来るのだろうか。とりあえず、忘れないうちにブログにメモさせてもらった次第です。

あ、ちなみに、わたしは脱税してないですよ!



スポンサーサイト



入院中の夢?

本日退院しました。
4人部屋でしたが、初日は一人。2日目に若い女性が同室になりました。
ちょっとだけ交流しましたが、彼女の方は術後の経過が思わしくなく辛そうでした (T_T

手術中。
麻酔のなかで、夢は見てたようです。多分意識が戻る前あたりに。
屋外の景色だったのですが、「七迦さんー!七迦さーん、聞こえますかー」と呼ばれて起きたら忘れてしまいました。

「はい」と返事をしたかったのに、声って出ないものなのですね。
息しか出なくて音にならない。仕方ないので頷きました。

手術を終えた夜は痛くて眠れず、夢は見ませんでした。
たまに寝落ちしてた感じです。

入院三日目の夢は、ここ数年お世話になった病院の先生たちが登場(笑)
内科の先生、整形外科の先生などなど。でも内科の先生が呼んでいた「あっこ先生」が誰なのかは分からずです。

四日目は先代猫が出てきました。
多分フリースを抱えて寝ていたので、その感触が夢に反映されたんだろうな。
でも先代猫に会えて嬉しかった。

IMG_6536.jpeg

入院中、本はそれなりに読めました。
もう何十回と読んでいる「星を継ぐもの」も持って行ったの。やっぱり面白いな^^

*****
アザラシさんが紹介してくださっていた本を図書館で予約したら・・・

2019-12-12.png

順番待ちが凄すぎる!(@o@;;
忘れた頃にやってくる感じでしょうか(笑)


経過は良好ですが、無理はしないようにと念を押されました。
家事も適当に手を抜きつつ、年内はノンビリ過ごそうと思います。


妄想生活

夢を見て目が覚めたときに、コレは面白いかもっていう内容がたまにあります。
そんなときは夢の中に出てきた人物になりきって生活してみるということをやっています(笑)

7月23〜24日にかけて見た夢。
閉ざされた何か秘密がありそうな村にやってきた建築家。でも建築家というのは表向きの顔で、じつはその村の秘密を探るために派遣された他国のスパイ。
この村は建物がとても変わっているので、建築の参考にしているとの名目でこの村に滞在し、村中を歩き回っている男。

栄えていない村なので食べ物屋さんも2軒しかなく、毎日のように通っている店で働く一人の女とだんだん親しくなるのだ。でも女の方も、村人と情報を共有していて、男の本当の目的を探ろうとする。
この村にはいったいどんな秘密があるのか。
男は村の中にある見張り台の塔に女を呼び出す。女は足が弱く、危険だから行かない方がいいという村人の忠告を聞きながらも、女は塔へ向かった。

という夢を見たのでした。
村の秘密はなんだろう〜。これで何か閃いたら話が膨らませそうだなーって思ったので、しばらく女になりきって妄想生活をしてみました。
キッチンに立っているときも、店の女気分で料理を作り、お客さん(現実ではダンナですがw)に提供する。夢の中では足が悪かったので(実際この頃、わたしも膝周りの調子が悪くて、今度の金曜日に病院に相談に行くんだけどね)、女の体に関する秘密もあったほうが面白いかなーとか思ったり。

村は建物が変わっていたので(ますむらひろしさんの「アタゴオル」の世界のよう)、こんな建物の内装はどんな感じなのかなーと妄想して、そこに暮らすのに必要なモノなんかも考えました。
そのうち、秘密について閃いたのでメモメモ♪♪

今も妄想生活は続いております。
村で収穫できるであろう野菜などで簡素な料理も作ってみたり ^m^
ちょっとずつ話が膨らんでいるところです。活字になるかは別だけどねー。

でも!
今は、書きかけの小説をちゃんと仕上げないとね。そっちを頑張らねば。



透明な池

2月の終わり頃に見た夢です。

幼馴染みのKくんのお父さんが他界しました。
お父さんの骨は、この集落内にあるS神社に奉納されることに。
S神社は小高い丘の上にあり、細い薄暗い雑木林をひたすら上っていったところにあります。

境内に入ると、そこには大きな池がありました。
こんなところに池があっただろうか?そう思いながらも、Kくんたちに付いていきました。池のほとりにKくん一家の墓石があり、そこに灰になったお父さんの骨を納めました。
池の水は怖いくらいに澄んでいて、思わず吸い込まれそうになり、よろけて片足だけ池に浸かってしまいました。
「身体全部が持っていかれないでよかったね」とKくんに言われたような気がします。

ふと視界に人の姿が入ってきて顔を向けると、墓石から少し離れた池のほとりに男性が立っていました。
まるで磁器のように白い肌の男性。生気は無い、けれど美しい出で立ちの男性でした。
「目は合わせないで。此処から離れよう」とKくんが言います。
素直に従い、目を伏せ池から少し離れたところに移動しました。

ああ、あれはKくん一家のご先祖様なんだな。
そしてKくんのお父さんをあちらの世界に連れて行くんだ・・・そう気づきました。
墓石には半透明のKくんのお父さんが立っていて、磁器のような顔の男性がたおやかなしぐさでお父さんを促し、池の中に消えていきました。

不思議な静寂に包まれて、わたしたちは神社をあとにし、雑木林を抜け集落に戻ってきました。
「身体が冷えちゃったからお風呂に入る」と言ってわたしは一人、公衆浴場へ行きました。扉を開けると毛穴が一気に開くような暖かい湯気に包まれて、ホっと溜息をつきました。

******
神社の境内に墓石があるのはヘンだけど、まぁ夢なので(笑)
たぶん、夕方のニュースで江戸時代頃の雛人形を見たので、池のほとりにそんな感じの「ご先祖様」が現れたのかなと思いました。本当に池の水が澄んでいて、底まで綺麗に見えて美しかったです。

Kくんのお父さんは、実際にはだいぶ前に他界してます。



猫わらわら

自分では全く知らない街。だけどその街に住んでいる夢を何度か見ます。
昨日も久しぶりにその街が出てきました。

駅から少し上り坂になった道を歩いて、大きな川を渡って数分。
おそらく元々は山で、そこを切り崩して家が建つようになったと思われます。そんな一角にわたしが住んでいるアパートがあります。

このアパートだけは夢を見るたびに少しずつ変化していて、最初はかなり広い一軒家。その2階の一室が自分の部屋でした。窓が多くて開放的な空間。それからそのアパートは4階建てになったり、平屋になったり。今回はログハウス風になっていて、実際の階数は謎。間取りもかなり入り組んでいます。

私の部屋には庭があって、ここでしばらく知人の犬を2匹預かることになりました。
そのワンちゃんの到着を待っている間に庭をチェックすると、隣の家の猫ちゃん一家がその庭で暮らしてるじゃないですか!
「えー!これじゃ大変なことになっちゃうわ」 と慌てて隣の家を訪ねるも留守。
とりあえず猫ちゃん一家を自分の家に連れ帰ろうとするけど、仔猫の動きははやくて捕まらない。そのうち、我が家の猫たちも庭に出て、もうめちゃくちゃ。藤田嗣治の 「争闘(猫)」 のような状態でした。

fuji.jpg

目が覚めてからも、なんだか疲れてました(笑)

夢のなかのこの街で、次回はどんなことが起こるのかしらw


プロフィール

七迦寧巴

Author:七迦寧巴
Yasuha Naka

北海道出身・東京在住。
博物館・美術館・恐竜・古代史好き。
現在は「小説家になろう」に小説を投稿しています。

* 小説家になろう *
https://mypage.syosetu.com/1732250/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
Novels
** Kindle Books 出版本 **

¥99 ですが Kindle Unlimited 読み放題対象です。

 

** 小説家になろう **
無料公開しています。
towazu.jpg
kitune.jpg
yane.jpgrensai.png

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる